簡単 スイーツ。 簡単スイーツ作り!キャンプのデザートレシピ10選

七夕スイーツを作ろう。ゼリーやケーキ、クッキーなど簡単に手作りできるデザートレシピ|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

簡単 スイーツ

com 1. お好みのジュースなどに熱湯で溶かした粉ゼラチンを入れて混ぜます。 冷蔵庫で冷やして固めます。 ゼリーをフォークなどでくずし透明のカップやグラスに盛り付けます。 星型にくり抜いたリンゴやスイカのフルーツをトッピングして完成です。 ゼリーは固めに作ってからフォークなどでくずすと、きらきらして見えるクラッシュゼリーになるようです。 三日月をイメージして缶詰のミカンをトッピングに使うのもよさそうですね。 七夕の夜空の色を思わせるゼリーを作るために、ぶどうジュースやブルーハワイのかき氷シロップを使うのもよいかもしれません。 七夕ドームゼリー 1. 缶詰を果実とシロップに分けて、シロップに熱湯で溶かした粉ゼラチンを入れて混ぜ合わせます。 ボウルや大きめのデザート型にゼリー液を流し込み、フルーツを入れます。 冷蔵庫で一晩冷やして固め、お皿にひっくり返して完成です。 ドームゼリーのなかに入れる食材は、果物のほかにも市販されている一口サイズのカップゼリーや星型のアラザンなどを使うのもよさそうですね。 ゼリーをゆっくりと混ぜ、とろみがついてきてからフルーツを入れると全体にバランスよく散らばるようです。 七夕スイーツのケーキレシピ iStock. プレーンなケーキ生地を作り、色を変えて模様をつけるための生地を少量を取り分けます。 取り分けた生地に食紅などで色をつけて、コルネなどを使ってオーブンシートに星の模様を描き、オーブンでおよそ1分焼いて固めます。 プレーン生地を流し込んでさらに焼き、粗熱が取れたらクリームを塗って巻きます。 クリームを流れるような形にデコレーションして完成です。 ロールケーキの上には、クッキーやフルーツをトッピングするのもかわいいかもしれませんね。 天の川をイメージして、青や紫に色づけしたクリームでデコレーションすると、より七夕らしくなるかもしれません。 七夕チーズケーキ 1. 細かく砕いたクッキーに溶かした無塩バターを混ぜ、ケーキ型の底に敷き詰めて土台にします。 クリームチーズ、生クリーム、レモン汁と熱湯で溶かした粉ゼラチンを混ぜてからケーキ型に入れて冷蔵庫で冷やして固めます。 ゼリー液を作り、チーズケーキの上に流し入れ冷やし固めると、2層のチーズケーキの完成です。 星型のアラザンなどで飾りつけると七夕らしいスイーツになりそうですね。 ゼリー液はブルーハワイのシロップや食紅を使って青く色づけすると、七夕らしいアレンジにすることができそうです。 七夕スイーツのクッキーレシピ 星のステンドグラスクッキー 1. ホットケーキミックスに室温に戻したバターを入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜ、クッキー生地を作ります。 生地をめん棒などで伸ばしてから型を抜き、型抜きしたクッキーより小さめの型やストローで穴を開け、予熱したオーブンで焼きます。 一度オーブンから取り出して、穴の部分に細かく砕いた飴を入れ、さらに2分から5分ほど焼きます。 溶けた飴が固まるまで冷まし完成です。 クッキーに開けた穴に飴を入れて冷やし固めることで、透き通ったステンドグラスのように見えるスイーツができ上がります。 食べる前にラッピングして笹に飾ると、七夕らしいかわいい飾りつけが楽しめるかもしれません。 織姫と彦星のアイシングクッキー 1. クッキー生地を作り、人形型を使って型抜きをしてオーブンで焼きます。 粉砂糖と卵白、アイシングカラーを使ってアイシングを作ります。 オーブンシートなどでコルネを作り、焼けたクッキーにベースとなる色を塗って表面が乾いてから織姫と彦星のイラストを描いて完成です。 アイシングを作るのが大変なときは、少量の水を混ぜるだけで簡単にアイシング液が作れる専用の材料を使うと簡単にできそうですね。 ベースを塗るときとイラストを描くときで、アイシング液の固さを変えると作りやすいかもしれません。 子どもとデザートを作るときのポイント iStock. 子どもが扱いやすい道具や食材を選ぶ 「子どもの小さな手でも扱いやすいサイズのクッキー型を用意しています。 子ども用の道具を用意したことで、手作りの時間を楽しんでくれているようです」(30代ママ) 「包丁を使わせるのが心配だったので、カットしてあるフルーツの缶詰やアラザンなどを用意して飾りつけを手伝ってもらいました」(20代ママ) 飾りつけに使うフルーツを子どもといっしょに選ぶことで、最後まで飽きずにお手伝いしてくれたというママの声もありました。 簡単なことでも、自分でできることがあると子どもも喜ぶかもしれませんね。 子どもから目を離さない 「子どもが包丁を使うときは、私が必ず見ているようにしました。 切りにくい食材は大人が切るようにしてます」(20代ママ) 「ケーキやクッキーをよく手作りするのですが、焼き上がってオーブンから出してすぐはとても熱いので、子どもに手を出さないように声をかけています」(30代ママ) お菓子を作るときは、熱湯やオーブンを使うこともあるので、子どもがやけどをしないように気をつけているというママの声がありました。 子どもから目を離さないようにしながら、楽しく子どもとデザート作りが楽しめるとよいかもしれませんね。 子どもといっしょに七夕スイーツを作ろう.

次の

簡単スイーツ作り!キャンプのデザートレシピ10選

簡単 スイーツ

com 1. お好みのジュースなどに熱湯で溶かした粉ゼラチンを入れて混ぜます。 冷蔵庫で冷やして固めます。 ゼリーをフォークなどでくずし透明のカップやグラスに盛り付けます。 星型にくり抜いたリンゴやスイカのフルーツをトッピングして完成です。 ゼリーは固めに作ってからフォークなどでくずすと、きらきらして見えるクラッシュゼリーになるようです。 三日月をイメージして缶詰のミカンをトッピングに使うのもよさそうですね。 七夕の夜空の色を思わせるゼリーを作るために、ぶどうジュースやブルーハワイのかき氷シロップを使うのもよいかもしれません。 七夕ドームゼリー 1. 缶詰を果実とシロップに分けて、シロップに熱湯で溶かした粉ゼラチンを入れて混ぜ合わせます。 ボウルや大きめのデザート型にゼリー液を流し込み、フルーツを入れます。 冷蔵庫で一晩冷やして固め、お皿にひっくり返して完成です。 ドームゼリーのなかに入れる食材は、果物のほかにも市販されている一口サイズのカップゼリーや星型のアラザンなどを使うのもよさそうですね。 ゼリーをゆっくりと混ぜ、とろみがついてきてからフルーツを入れると全体にバランスよく散らばるようです。 七夕スイーツのケーキレシピ iStock. プレーンなケーキ生地を作り、色を変えて模様をつけるための生地を少量を取り分けます。 取り分けた生地に食紅などで色をつけて、コルネなどを使ってオーブンシートに星の模様を描き、オーブンでおよそ1分焼いて固めます。 プレーン生地を流し込んでさらに焼き、粗熱が取れたらクリームを塗って巻きます。 クリームを流れるような形にデコレーションして完成です。 ロールケーキの上には、クッキーやフルーツをトッピングするのもかわいいかもしれませんね。 天の川をイメージして、青や紫に色づけしたクリームでデコレーションすると、より七夕らしくなるかもしれません。 七夕チーズケーキ 1. 細かく砕いたクッキーに溶かした無塩バターを混ぜ、ケーキ型の底に敷き詰めて土台にします。 クリームチーズ、生クリーム、レモン汁と熱湯で溶かした粉ゼラチンを混ぜてからケーキ型に入れて冷蔵庫で冷やして固めます。 ゼリー液を作り、チーズケーキの上に流し入れ冷やし固めると、2層のチーズケーキの完成です。 星型のアラザンなどで飾りつけると七夕らしいスイーツになりそうですね。 ゼリー液はブルーハワイのシロップや食紅を使って青く色づけすると、七夕らしいアレンジにすることができそうです。 七夕スイーツのクッキーレシピ 星のステンドグラスクッキー 1. ホットケーキミックスに室温に戻したバターを入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜ、クッキー生地を作ります。 生地をめん棒などで伸ばしてから型を抜き、型抜きしたクッキーより小さめの型やストローで穴を開け、予熱したオーブンで焼きます。 一度オーブンから取り出して、穴の部分に細かく砕いた飴を入れ、さらに2分から5分ほど焼きます。 溶けた飴が固まるまで冷まし完成です。 クッキーに開けた穴に飴を入れて冷やし固めることで、透き通ったステンドグラスのように見えるスイーツができ上がります。 食べる前にラッピングして笹に飾ると、七夕らしいかわいい飾りつけが楽しめるかもしれません。 織姫と彦星のアイシングクッキー 1. クッキー生地を作り、人形型を使って型抜きをしてオーブンで焼きます。 粉砂糖と卵白、アイシングカラーを使ってアイシングを作ります。 オーブンシートなどでコルネを作り、焼けたクッキーにベースとなる色を塗って表面が乾いてから織姫と彦星のイラストを描いて完成です。 アイシングを作るのが大変なときは、少量の水を混ぜるだけで簡単にアイシング液が作れる専用の材料を使うと簡単にできそうですね。 ベースを塗るときとイラストを描くときで、アイシング液の固さを変えると作りやすいかもしれません。 子どもとデザートを作るときのポイント iStock. 子どもが扱いやすい道具や食材を選ぶ 「子どもの小さな手でも扱いやすいサイズのクッキー型を用意しています。 子ども用の道具を用意したことで、手作りの時間を楽しんでくれているようです」(30代ママ) 「包丁を使わせるのが心配だったので、カットしてあるフルーツの缶詰やアラザンなどを用意して飾りつけを手伝ってもらいました」(20代ママ) 飾りつけに使うフルーツを子どもといっしょに選ぶことで、最後まで飽きずにお手伝いしてくれたというママの声もありました。 簡単なことでも、自分でできることがあると子どもも喜ぶかもしれませんね。 子どもから目を離さない 「子どもが包丁を使うときは、私が必ず見ているようにしました。 切りにくい食材は大人が切るようにしてます」(20代ママ) 「ケーキやクッキーをよく手作りするのですが、焼き上がってオーブンから出してすぐはとても熱いので、子どもに手を出さないように声をかけています」(30代ママ) お菓子を作るときは、熱湯やオーブンを使うこともあるので、子どもがやけどをしないように気をつけているというママの声がありました。 子どもから目を離さないようにしながら、楽しく子どもとデザート作りが楽しめるとよいかもしれませんね。 子どもといっしょに七夕スイーツを作ろう.

次の

簡単スイーツ作り!キャンプのデザートレシピ10選

簡単 スイーツ

美味しいおやつは毎日でも食べたい! 食後のスイーツは欠かせない! こんにちは、ライターの つみき です。 最近は、ご飯のおかずだけでなく、 スイーツのレシピもたくさん公開されていて、 初心者の私でも簡単に作れそうなものがいっぱいあります! 毎日勉強を頑張っている子どもたちに、 甘いおやつで一息ついてほしいじゃないですか。 毎日元気に遊んでいる子どもたちに、 おやつの時間でも楽しんでほしいじゃないですか。 そうはいっても、難しいものは作れないし、 時間がかからないものがいいから、結局マンネリ化… そんなママたちに! レシピサイトのご紹介とともに、 夏にぴったりの簡単スイーツの作り方を5つご紹介します! カラフルで映えるような、意外性のあるようなものを、 私のおすすめ度で順位をつけました。 これも、子どもたちと一緒に作れそうですね。 まさか、小枝を溶かすなんて…と驚いたレシピでした。 ラスクのほかに、クッキーに塗ったというコメントも見られましたので、 いろんなアレンジが出来そうですね! サイトには、簡単に作れるスイーツのレシピがたくさん! 材料は森永製菓の商品を使っているので、買い物も迷わずに済みます。 テーマごとにレシピが集められていたりして、 作りたいものを探しやすいのもポイント。 材料も工程も、3位までに比べるとちょっと多めで、冷やす時間も必要。 このkurashiruは、利用者数も多いため、 レシピへのコメントもたくさん書き込まれているようです。 固いときは、少し置いてから、ビンの底などで押しつぶす。 袋が破れないように気を付けて揉みこむようにしましょう。 cookpadは言わずと知れた、有名なレシピサイト。 他のサイトとはレシピ数の桁が違うので、今回のランキング1位です! 数えきれないくらいのレシピがあるので、 今家にある材料で作れるもの、という探し方も出来ます。

次の