ソイ プロテイン デメリット。 ソイプロテインの効果とデメリット!飲むタイミングなども徹底解説

【比較】ザバス ・ウェイトダウンとソイプロテインの違い&デメリット

ソイ プロテイン デメリット

ソイプロテインを摂取することでどういった効果が期待できるのか、3つの目的別に紹介したり、摂取することによるメリット、デメリットについてもまとめています。 プロテインは主にアスリートを中心に用いられる、筋肉の増強サポートに使われるたんぱく質です。 アウターマッスルを強化する目的で使われるエッグやホエイ、カゼインなどの動物性プロテインと、インナーマッスルを強化する目的て使われる植物性プロテインの2種類に分けられます。 両者ともタンパク質不足を解消する点では効果は共通ですが、カロリーや吸収時間などを考察したときに、健康面を気遣うのには植物性プロテインが良いと指南されています。 植物性プロテインは大豆由来のソイプロテインがお馴染みですが、ダイエットに向けた代謝アップが望める作用と、大豆特有の成分が摂取できることから女性に人気です。 しかし、一方で効果への疑問視の声が出ていて、真意に対して賛否両論があるのが現状です。 それは一つにソイプロテイン自体がアスリートに利用があまり見られないことから、筋肉への代謝作用の働きかけがないのではないか?との見解によるものです。 様々な情報が交錯して、プロテインそのもののウェイトダウンや筋肉への効果が明らかになっていませんが、長短をしっかりと熟知して、自分の納得のいく状態でソイプロテインを上手に取りいれましょう。 Contents• 目的別によって効果を使い分けましょう ソイプロテインは植物性のプロテインである特性上、高タンパクの動物性プロテインと比較してカロリーが低く、食物繊維も豊富に含むことから腹もちが良いのが最大のメリットであるといわれています。 このことから、ソイプロテインの活用には次の使用用途に適している向きが見られ、目的別での効果の現れに期待が持てます。 目的1. 体質改善 抗酸化作用を持つサポニンやイソフラボンを豊富に含むので、ホルモンバランスを正常にコントロールします。 代謝を活性化する甲状腺機能の働きも連動して高まるので、コレステロール値も低くなり様々な病気に負けない免疫機能スステムが整い体質改善に向けます。 目的2. 肉類の摂取を控える菜食派や食事制限を必要とする方に アルギニンやグルタミンの含有量が多く、大豆由来の健康要素がつまった体に優しい良質なタンパク質を低カロリーで摂取することができます。 動物性のタンパク質を摂取しにくい、特にベジタリアンでのタンパク質の補充や生活習慣病に付随した食事制限での摂取に適しています。 又、消化吸収速度が遅いので空腹感を少なくでき、ダイエットにおける食事制限にも食べ過ぎを防ぐ働きが期待できます。 目的3. 筋肉の増強 筋肉を維持し増強ずるにはタンパク質の力は不可欠です。 動物性のプロテインと比較するとアミノ酸が少ないため、やや効果に劣る傾向があるものの、ソイプロテインを運動前に摂取することで脂肪燃焼効果を促進する作用がみられます。 筋肉が付く条件にはまず、脂肪を落とすことが前提となるので有効に筋肉増強のサポートに扱えそうです。 5~2gが理想とされています。 運動と並行して効果を見込みましょう。 ソイプロテインのメリットとポイント 就寝前に摂取すると疲労した筋肉の修復をサポートする成長ホルモンが分泌されるなど、筋肉に対してのメリットが沢山のソイプロテイン。 しかし、大豆としての栄養価から見ると、摂取することで大豆イソフラボンなどの大豆由来の化学物質によるメリットも多く見られます。 大豆由来成分から見たメリット.

次の

ホエイプロテインの効果とデメリット!飲み方や飲むタイミングも徹底紹介

ソイ プロテイン デメリット

種類の違いは原料の違いから 店頭に並ぶさまざまな種類のプロテイン。 これらの大きな違いは原材料です。 大きく分類すると、プロテインには牛乳を材料とするホエイプロテイン・カゼインプロテイン、大豆を原料とするソイプロテインがあります。 今回はホエイ・カゼイン・ソイプロテイン、それぞれの特徴についてご紹介します。 ホエイプロテイン ホエイプロテインは、牛乳に含まれるタンパク質の一種です。 ヨーグルトの上澄みにできる液体のことをホエイ(乳清)といいますが、このホエイに含まれるタンパク質がホエイプロテインです。 ホエイには他に、ミネラルや水溶性ビタミンが含まれます。 メリットとデメリット ホエイプロテインには筋肉成分の多くを占めるアミノ酸が含まれており、筋肉修復効果も期待されています。 味は淡白で飲みやすく、体内への吸収速度はスムーズで胃腸にもたれにくいというメリットがあります。 デメリットは、他のプロテインと比べると価格が比較的高いことでしょう。 商品によってはソイプロテインと併用したものや、プロテイン含有量を控えめにしたものなど、機能や価格面で工夫しているものもあります。 こんな方におすすめ ホエイプロテインがおすすめなのは、トレーニングで強い肉体を手に入れたい方です。 トレーニング後、効率的に筋肉の回復を促すためにはできるだけ素早くタンパク質を補給することが必要といわれています。 ホエイプロテインは吸収がスムーズであることからトレーニング直後の補給には最適とされています。 筋トレだけではなく、マラソンなどの持久系スポーツ、格闘技・コンタクトスポーツ(ラグビー・アメフトなど)と広い分野で強靭な体を作りたい方に適しています。 WPC製法 Whey Protein Concentrate(濃縮乳清タンパク質)、濃縮膜処理法とも呼ばれます。 原料になる乳清をフィルターで膜処理し、ろ過して得られた液体を濃縮する製法のため乳糖が残りやすくなってしまいます。 乳糖不耐症を持つ人にとっては、腹部膨満感やお腹が張ってごろごろする原因となる場合もありますが、乳清に含まれるビタミンやミネラルをできるだけ多く残すことができるメリットがあります。 タンパク質含有率が約80%の製品はこの製法で作られていることが多いようです。 WPI製法 Whey Protein Isolate(分離乳清タンパク質)、イオン交換法とも呼ばれます。 WPC製法で分離されたタンパク質をさらにイオン交換して作られるため、タンパク質以外の成分はほぼ除去されて高濃度のホエイタンパクが作られます。 精製度の高いホエイプロテインを実現するために比較的多くの工数が必要となり、価格は若干高めです。 WPH製法 Whey Protein Hydrolysate(加水分解乳清タンパク質)の略称です。 加水分解ペプチドとも呼ばれ、微生物に含まれる酵素などを使いWPCをペプチド状態(アミノ酸が十数個から数十個つながった状態)に分離したものです。 ホエイプロテインは製法ごとにさまざまな特徴を持っています。 自分にあった製法のプロテインを選んでみてください。 カゼインプロテイン ホエイプロテインと同じく牛乳を主成分とするのがカゼインプロテインです。 ホエイプロテインが水溶性で吸収が早いことに対し、カゼインプロテインは不溶性で固まりやすく、体への吸収速度がゆっくりであることが特徴です。 こんな方におすすめ ダイエット時の間食や運動をしない日のタンパク質補給、また就寝時におすすめです。 カゼインプロテインは体への吸収速度がゆっくりであることから満腹感の持続が期待できます。 ソイプロテイン ソイプロテインの原料は、その名の通り大豆のタンパク質部分だけを粉末にしたものです。 タンパク質の比率を高め水分や糖質、脂肪を減らし植物性タンパク質を効果的に摂取できるようになっています。 価格が比較的安いことも特徴の一つです。 メリットデメリット ソイプロテインはカゼインプロテインと同じく消化吸収速度がゆっくりのため、満腹感が持続しやすいです。 加えて、大豆に含まれるイソフラボンの効果で皮膚や骨の強化、血流改善が期待できます。 一方で、溶かしたときに粉っぽくなってしまい、他のプロテインと比べて飲みづらくなることもあるようです。 少量のぬるま湯で溶いてダマにならないようにしてから水を加えるなど、飲みやすくする工夫が必要です。 最近では、溶けやすく改良された商品も多く発売されています。 こんな方におすすめ 満腹感が持続しやすいためダイエットをしている方にはもちろん、健康維持をしたい方にもおすすめです。 女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが入っているので、肌の張りを保つ効果や、女性らしい体のラインをキープしたい方にもおすすめです。 まとめ プロテインは強靭な肉体作りにも、引き締まったカラダ作りにも役立ちます。 吸収速度や体に与える影響などが種類によって異なるので、自分の目的に合わせたプロテインを摂取してみてくださいね。 おすすめ商品.

次の

ソイプロテインはどんな人におすすめ?効果的な摂取方法について

ソイ プロテイン デメリット

大豆たんぱく質の栄養成分と期待できる効果 大豆からタンパク質成分だけを取り出し、パウダー状にしたものがソイプロテインです。 そして大豆たんぱく質は、びっくりするくらい多くの栄養成分が入っていて、以下のような色々な効果が期待できます。 成分 期待できる効果 タンパク質 ペプチド 血中コレステロール低下作用 血圧上昇抑制 抗酸化作用 肥満防止 脂質 善玉コレステロールの増加 脂質代謝の改善 記憶力・集中力の増加 糖質 ビフィズス菌増殖作用 胃の粘膜保護 イソフラボン 細胞のガン化を抑制 ガン細胞の増殖を抑制 骨粗しょう症の緩和 更年期障害の緩和 食物繊維 整腸作用 大腸ガンの抑制 ビタミン 成長促進作用 抗酸化作用 カルシウム 骨粗しょう症の緩和 サボニン 抗酸化作用 ガン増殖抑制 トリプシンインヒビター 糖尿病の予防 フィチン酸 ガン抑制効果 アントシアニン 抗酸化作用 このように、大豆タンパク質は、がんや肥満などの 生活習慣病・メンタルの安定・アンチエイジングにポジティブな効果があります! さらに、大豆タンパク質は満腹中枢にはたらきかけ食事の満腹感を上げてくれるので、ダイエットにも効果的です。 体内では20種類のアミノ酸が使われていて、必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分かれているが、正直どちらも必要。 例えば、BCAA バリン・ロイシン・イソロイシン という必須アミノ酸は筋肉を使う人にとっては効果的なので、トレーニーやダイエッターの間でよく飲まれている。 増量 筋肥大 と減量 体脂肪を減らす のどちらにも使える【勘違い注意】 ソイプロテインも、筋肉を増やしたりウエイトダウンしたいときに使うことができます。 ホエイやカゼインと同じようにです。 つまり「増量用」「減量用」という名前に関係なく、あらゆるプロテインはあらゆる目的に使うことができます。 例えば、痩せたいときに「増量用プロテイン」を飲んでも全く問題ありません。 そもそも、理想の自分になれるかどうかは、あなた自身がした運動の種類で決まります。 つまり、プロテインを飲むことだけで筋肉を増やしたり痩せたりすることは無いのです。 ソイプロテインの場合、植物性でヘルシーなイメージがあることから「減量用」や「女性用」として売られることが多いです。 が、本当は全くそんなことは無く 誰でもどんな目的でも使ってOKです。 デメリットになりうる点3つ ソイプロテインは、動物性プロテインと比較してヘルシーで価格も安く最高なのですが、飲み始める前に確認しておくと良い点が3つあります。 豆乳が苦手な人にとっては飲みにくいかも• 無添加だとホエイプロテインに比べ溶けにくい• 大豆アレルギーの人は飲めない ソイプロテインは、無調整豆乳の風味を更に濃厚にしたような味。 そのため「豆乳の味が得意でない」人にとっては、かなり飲みにくいと思います。 その場合は、ホエイと半々で混ぜるなどの工夫をすると、かなり飲みやすくなります。 次に、ソイプロテインはホエイよりも溶けにくく、適当に混ぜたりするとダマになって残ってしまい不便と言われています。 が、サキノの場合、実際あまりこのデメリットを感じたことはありません。 ホエイでも適当にシェイクするとダマになりますし…。 プロテインの種類どうこうと言うより、混ぜ方が問題でしょう。 最後に、当然の話になってしまいますが、ソイプロテインは大豆タンパク質の塊なので、大豆アレルギーの人は飲むことができません。 話が少し飛びますが、「ホエイやカゼインを飲むと何だかお腹の調子が悪い」という方は、乳由来の乳糖やカゼインが原因の可能性があります。 こういう方の場合は、ソイプロテインは特におすすめです。 以上、大豆たんぱく質の栄養成分・効果・メリット・デメリットについて解説してきましたが、いかがでしたか? ソイプロテインは、長期的な健康維持・ダイエット・増量に使える、スーパー食品なのです!次章からは、ソイプロテインの効果的な飲み方や、美味しく飲む方法を見ていきましょう! ソイプロテインの飲み方 ソイプロテインは、ホエイ等のプロテイン粉末と同じように水・豆乳・アーモンドミルクなどで溶かして飲むのがおすすめ。 ちなみにサキノの場合、自宅にいるときはアーモンドミルクで割りで、外出先で飲むときは水割りで飲んでいます。 飲む量はどのくらい? まず最初に、あなたの1日のタンパク質必要量 およそ を求めてみましょう。 体重1㎏あたり 運動習慣が無い 0. 8g 運動(軽め) -1. 2g 運動(中くらい) -1. 5g キツイ運動 -2g 例えば、平日20分のウォーキングをしているAさんは体重1㎏あたり1. 2gのタンパク質を摂れば十分です。 Aさんが60㎏とすると、こうなります。 ソイプロテインはほぼタンパク質の塊なので、このように食生活に取り入れるとかなり楽にタンパク質を摂取することができますね。 ちなみに、タンパク質は1度に吸収できる量が 20g程度と言われているので、だいたい20g~30gのソイプロテインを1度の分量として摂取しましょう。 例えば、ソイプロテインに含まれる鉄分は非ヘム鉄という種類の鉄分で、普通に摂取するとたった5%程度しか吸収されません。 が、非ヘム鉄は ビタミンCと一緒に摂取すると、吸収率が上がります。 オレンジ1個やバナナ1本と一緒にソイプロテインドリンクを飲んだり、野菜やフルーツとソイプロテインをブレンドしてスムージーを作ったり…。 フルーツや野菜と合わせて飲めば、ソイプロテイン自体も飲みやすくなりますし栄養も摂取できて一石二鳥です。 に詳しい人は、たぶん疑問に思うでしょう。 確かに、ホエイプロテインの方がアミノ酸を多く含んでいて、かつ吸収スピードも速いのは事実です。 ですから、筋肥大を第一優先とする人はホエイを飲むのもアリです。 例えば、日々体をハードに鍛えている本気のトレーニーや、結果を出すために頑張っているスポーツ選手はホエイ。 ホエイの中でも、カゼインや乳糖が取り除かれているWPI ホエイプロテインアイソレート を選びましょう。 繰り返しますがソイでも筋肥大は問題なくできます。 ただ、ダイエットや長期的な健康を第一優先として考えると、やはりソイプロテイン一択。 「いやいや、どちらのメリットも捨てがたい~」というあなたは、 置き換え食としてソイ、筋トレ後はホエイ WPI を飲むなどして、状況に合わせて使い分けするのがおすすめ。 そうすれば、ソイとホエイの良いとこ取りの効果を期待することができます! 以上、ソイプロテインの栄養成分の効果とホエイとの使い分けについて、まるっと解説してきましたが、いかがでしたか? ソイプロテインは、筋肥大・減量ともに使えて、かつ動物性タンパク質とは違い長期的な健康にも効果的な、スーパー食品。 さあ、あなたも今日からソイプロテインを食生活の一部に取り入れて、理想の自分に近づきましょう! 引用.

次の